初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-これからの日本企業が取り組むべき有事の事業継続計画(BCP)とは » 経済産業省・厚生労働省が分類する
災害時のフェーズ

経済産業省・厚生労働省が分類する
災害時のフェーズ

フェーズ

BCPを策定する上で、大規模災害やテロ、事故などの危機的な状況が発生した場合、有事を各フェーズに分けることで、フェーズごとに重要なポイントをしっかりと見極めることができます。そこで、経済産業省や厚生労働省が分類するフェーズについて詳しくご紹介します。

経済産業省が分類するフェーズ

経済産業省が分類するフェーズと、それぞれのフェーズのポイントについて解説します。

BCP 実行フェーズ

まずは緊急事態が発生または発生した可能性があることを検知したタイミングで、事実関係の確認を行い、BCPの実行が必要かを判断するフェーズです。

BCPを実行する場合はできるだけ早いタイミングでBCPの実行が必要な旨を経営者やリスクマネジメントを統括する部署の責任者などへ伝えて基本方針の決定などを行います

業務再開フェーズ

BCPを発動してから通常の業務の方法とは異なる代替手段によって業務を再開し、軌道に乗せるまでがこのフェーズのポイントです。

代替手段の決定や確実な切り替え、緊急度の高い業務の業務をいかに早く再開できるかが重要です

業務回復フェーズ

緊急度の高い業務を再開させた後、業務の再開範囲を広げるためのフェーズです。設備や業務を進めるための手順や方法などが、通常と違うなかでいかに、円滑に業務範囲を広げるかというところが重要なので、現場の混乱にも配慮することが、重要なポイントです

全面復旧フェーズ

全面復旧したと判断し、代替手段から通常の業務手段へ切り替えるフェーズです。ここで大切なのが、全面復旧したかどうかの判断です。業務の遂行や現場の混乱を引き起こす可能性があるため、全面復旧の判断には慎重を期すことになります

厚生労働省が分類するフェーズ

厚生労働省が分類するフェーズと、それぞれのフェーズのポイントについて解説します。

BCP 実行フェーズ

災害や事故の発生または発生の可能性を検知してからBCPを実行するか否かを判断し、BCPを実行すると判断した場合は、以下の対応を行います。

ここで重要なのは、情報を集めてBCPを実行するか否かを慎重に判断するところです。

業務再開フェーズ

BCPを発動後、通常とは異なる代替手段によって重要な業務から順に業務を再開するフェーズです。代替手段への確実な切り替えと、復旧作業の推進、業務が滞りなく進められているかの確認が重要です。

業務回復フェーズ

とても重要な業務が再開後に、さらに業務範囲を拡大するためのフェーズです。通常とは異なる状況の中で、現場が混乱している状況を踏まえ、拡大範囲の見極めなどが非常に大切となります

全面復旧フェーズ

全面復旧を確認後、代替手段から通常の業務へ切り替えを行うフェーズです。ここで重要なのは、「全面復旧をした」という判断です。判断が誤っていた場合には、さらなる混乱を引き起こす可能性が高いため、判断は慎重に行う必要があります。

フェーズごとに基本方針の
見直しが大切

BCPはいつどのようなことが起こるかわからないものに対する計画なので、心配がない訳ではありません。実際に有事が発生した場合に、各フェーズにおいて予め策定したBCPの基本方針で問題ないかを適宜見直すことが重要です

そして、全面復旧後も次にいつ起こるかわからない有事に備えて見直しが必要となります。その見直しを行うタイミングを知るためにも、各フェーズについてしっかり理解を深めましょう。

【特集】初動対応に差がつく
情報収集用の災害情報システムとは

災害対策の初動に差をつけると注目をあつめているのが、企業向けの災害情報システムです。各地で起こっている災害や事故情報を報道より先に受け取ることで、「現場で今、なにが起こってるのか」「次にすべきことはなにか」を把握できるため、防災はもちろん、事業継続(BCP)対策の観点から注目を集めています

関連記事

これからの日本企業が
取り組むべき
有事の事業継続計画(BCP)について解説

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選