初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災害情報システムとは?目的別に解説 » 国による災害情報伝達システム Lアラートとは

国による災害情報伝達システム Lアラートとは

住民の安全性に関わる

情報を提供するLアラートとは

災害情報関連システム

Lアラートとは、
どんなシステムのこと?

Lアラート(Local alert)とは、「情報発信者」が発信した情報を、「情報伝達者」に一斉送信し、地域の住民などに迅速に提供することで、早期の避難や災害の低減につなげるものです。「情報発信者」である地方公共団体やライフライン事業者などは、避難指示や避難勧告といった、災害関連の情報をはじめとする公共情報を提供します。

「情報伝達者」となる放送局やアプリ事業者などは、その中から必要な情報を収集して発信。地域住民などに迅速、かつ効率的に伝えることで、速やかな避難や災害の低減につなげます

住民の安全性に関わる
情報を届けるためのシステム

情報発信者が発する災害情報を集約し、情報伝達者に一括で配信すると、地域住民はテレビやインターネットなどを通じて災害情報を入手することができます。情報発信者とは、地方自治体のほか、ガス会社、電力会社、公共交通機関などのことです。地域住民の安全性に関わる、公共性の高い情報を専用ソフトに入力し、Lアラートに送信します。

情報伝達者は、テレビやラジオ、ポータルサイトの事業者、新聞社などを指します。Lアラートから取得した情報を、それぞれの形態に変換して、地域住民に伝える役割です。

テレビのL字状の情報画面や
スマホアプリで利用

Lアラートは情報発信者と情報伝達者をつなぐものなので、地域住民が接するシステムではありません。では、どのように使われているのでしょうか?大きな災害が発生すると、テレビ画面の左と下側のL字状部分に情報が流されます。

この情報源はテレビ局がLアラートから取得した情報です。NHK総合テレビでは、Lアラートから受信した避難指示や避難所開設情報をデータ放送で提供することになっています。スマートフォンのアプリで流れてくる災害情報も、携帯会社がLアラートから得た情報を元にしたものです。

その他、官公庁が
提供する災害情報システム

統合災害情報システムDiMAPS
(国土交通省)

統合災害情報システムDiMAPSとは、地震などの自然災害が発生した際に、現場からの災害状況をいち早く収集して、地図上に表示するシステムのことです。国土交通省がインフラや交通機関の被害情報を集約し、拡大や縮小できる地図の上に、まとめて表示します。震度情報や被害状況、被災地の空中写真などが、ほぼリアルタイムで地図に反映されるため、被害状況の迅速な把握や情報共有に役立ちます。

地震防災情報システムDIS
(内閣府)

地震防災情報システムDIS (Disaster Information Systems)は、地理情報システム(GIS)を活用した、地盤や地形、道路や防災施設、行政機関などの情報をデータベースとして登録しています。これらを基にして、災害対策に必要な各種分析や、発災後の被害情報の管理を行うものです。災害における事前対策や応急対策、復旧・復興の各段階に応じた、各種災害対策などの支援を行います

応急対策支援システムEMS
(内閣府)

応急対策支援システムEMS(Emergency Measures Support System)は、地震防災情報 システム(DIS)を構成するシステムのひとつです。

防災関連施設などのデータベースや実際の被害状況や応急対策など、関係省庁から集まる情報を集約して整理します。関係省庁間での情報を共有や、様々な応急対策などの活動を支援。人工衛星や航空機を活用した被害把握システムを構築することも検討されています。

初動対応に差がつく、情報収集用の災害情報システムとは

企業向けの災害情報システムは、大きく「情報収集」「社内共有」「安否確認」の3種類に分かれます。中でも注目したいのが、企業の災害対策の初動に差をつける「情報収集」系のシステム。導入によって報道より先に、「現場で今、なにが起こってるのか」を把握できるため、防災はもちろん、事業継続(BCP)対策の観点から注目を集めています。ここでは代表的な企業向け災害情報収集用のシステムを、導入の目的別に3つ紹介します。

関連記事

災害情報システムとは?
目的別に解説

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選