初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-各省庁のBCPガイドラインとは » 厚生労働省のBCPガイドライン

厚生労働省のBCPガイドライン

厚生労働省の事業継続(BCP)

ガイドライン策定の背景や目的

厚生労働省

医療・介護・福祉サービスは、患者さんや要介護者、その家族を支えるために必要不可欠であり、災害の発生によってそのサービスが停滞してしまわないような対策が必要です。そこで、地震や台風、風水害といった大規模な自然災害やテロといった災害の発生に備えて、平時から対策をしておくことが重要と考え、ガイドラインを策定することとなりました。

ガイドライン順守した事業継続

(BCP)計画のための検討項目

BCP対策を行う男性②

患者・利用者の安全確保

病院や介護サービス事業者は、医療・福祉サービスを提供するにあたり、災害時にも患者や利用者の安全確保が最優先となります。患者・利用者の安全性を守るために必要なことを考え、しっかりと対策を取ることが重要です

医療・介護サービスの継続

災害などによって医療や介護サービスが滞ってしまうことで、命の危険に繋がるかたもいます。そのため、災害が発生した場合でも医療や介護サービスが滞らないようにするために必要な設備の設置や体制づくりが求められます

職員の安全確保

 

患者・利用者の安全性も大切ですが、どこで働く職員の安全確保も最優先に行わなくてはなりません。また、災害発生後は長時間の労働や精神的なダメージが大きいなど、職員の労働環境が過酷になることも想定されます。そのため、過重労働やメンタルケアも必要です。

地域への貢献

病院や施設が被災していないことが前提ですが施設を十分に活かして被災者や地域貢献をすることも重要な役割です。そのため平時からどのような事ができるかを考えておくと良いでしょう。

【特集】初動対応に差がつく
情報収集用の災害情報システムとは

災害対策の初動に差をつけると注目をあつめているのが、企業向けの災害情報システムです。各地で起こっている災害や事故情報を報道より先に受け取ることで、「現場で今、なにが起こってるのか」「次にすべきことはなにか」を把握できるため、防災はもちろん、事業継続(BCP)対策の観点から注目を集めています

厚生労働省のガイドラインを
順守した
事業継続
(BCP)計画の事例

事例1:
社会福祉法人かがやき/
業種:介護業

埼玉県で特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人かがやきでは、震災編、水害編、新型インフルエンザ等の感染症編とそれぞれBCPを策定しています。

それぞれ動きは異なるものの、目的としては利用者・職員の安全性を守ること、早期の事業再開を目指すこと、地域と連携することなどを柱としています。災害発生から30分以内に、事業再開を目指すフローが確立しています。

参照元:社会福祉法人かがやきHP(http://www.kagayaki.co.jp/bcp.html)

事例2:
日本海総合病院/業種:一般病院

山形県酒田市にある日本海総合病院では、庄内地方の災害拠点病院として「職員の最低限の生活と安全性、健康を守ること」「大規模災害が発生しても継続して医療提供を行い、地域の命と健康を守ること」「病院機能の維持・早期復旧に努力すること」を柱にしています。

また、災害発生時に人員を確保するために、職員の居住地から病院へ参集できる人数の算出をし、初動でどのような対応ができるかをしっかりと考慮しながら作っています

事例3:
福岡徳洲会病院/業種:一般病院

福岡県春日市にある福岡徳洲会病院では、事業の停止が許されない災害拠点病院として、「事前の備えによる対応力の低下を抑制」「業務の早期普及」「災害拠点病院を訪れる患者数を抑制」という4つを柱にBCPを策定しています。

また、例えば大地震の場合は災害カルテを使用し、通常外来と予定手術は中止、負傷者は院内トリアージを行うなど、災害レベルに応じた新規の患者数とその災害レベルに応じた行動についても対応を分けています

参照元:福岡徳洲会病院HP(PDF)(https://www.f-toku.jp/dl/guide/bcp/bcp01.pdf)

各省庁のBCPガイドラインとは

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選