初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-業種別に見る企業の災害リスクとその事例 » 鉄道のBCP対策

鉄道のBCP対策

日本は災害が非常に多い国であり、台風や地震などさまざまな災害への対策を考えておく必要があります。BCP対策はこういった災害が発生した際に被害を最小限に留め、事業活動を速やかに復旧させるための体制を整えることを意味します。ここでは社会生活における重要なインフラの鉄道におけるBCP対策を紹介します。

鉄道会社における災害リスクとは

自然災害によるダイヤの乱れ

強風や台風、大雨、大雪、地震などの自然災害の影響により、ダイヤが乱れることがあります。自然災害の影響で鉄道の運行に何らかのリスクがあると判断された場合、速度を落としたり線路の状態を確認したりする必要があるからです。

停電の影響

自然災害、人災、事故などの影響で停電が発生し、鉄道の正常運行に支障をきたすリスクがあります。

電車の正常運行を維持しているほとんどのシステムには、電気が使われています。鉄道自体への電力供給が維持されていたとしても、その他のシステムへの電力供給が停止すれば、鉄道は正常に運行することができません。

テロ事件

2004年3月、スペインで列車爆破テロが発生しました。2005年7月には、ロンドンの地下鉄等で同時爆破テロが発生しています。過去を振り返れば、日本でも鉄道を狙ったテロ事件またはテロに準じた事件は多々発生しています、

テロは鉄道会社における重要なリスク項目として、各社で多くの対策が取られています。

鉄道会社が取り入れるべき災害対策・BCP対策

テロ対策

駅構内においては、駅係員やガードマンによる巡回警備、防犯カメラを通じたモニタリング、不審物・不審者の発見・通報に関する一般利用客への協力要請、中身の見える透明なゴミ箱の設置などをテロ対策として行っているところもあります。

また、列車内においては、ガードマンによる列車内の巡回警備、新幹線社内のゴミ箱の封鎖、運転室の施錠、不審物・不審者の発見・通報に関する一般利用客への協力要請、乗務員による不審手荷物のチェックなどがテロ対策として行われています。

鉄道設備における防災・減災措置

例えば大雨の影響による防災・減災措置として、線路近くの斜面の緩みやすい箇所にのり面防護工事を施し、斜面崩落による断線などを防ぐ対策が望まれます。のり面防護工事が行われていない箇所でも、雨による斜面崩落や落石のリスクがある場所には、災害検知装置を設置して早期に危険の発生を把握する仕組みが必要でしょう。

また、強風の影響を受けやすい場所には防風柵を設けるなど、暴風リスクへの対策も必要となるでしょう。

被害を抑えるための計画運休

かつての鉄道の運休は事故や車両故障、システムトラブルなどが原因でしたが、近年では台風や大雪などの自然災害の被害を抑えるため、あらかじめ運休を告知することがあります。これを計画運休と言います。乗客の安全確保が計画運休の第一目的です。

鉄道会社のBCP対策事例

鉄道からフェリーへの切り替え

鉄道コンテナを利用した輸送を主流としていた事業者は、パレット化による積載の効率化と災害発生時を想定したBCP対策という課題を抱えていました。そこでトレーラーを活用したフェリー輸送へのモーダルシフトを解決策として検討しました。導入した結果、積載効率とBCP対策という2つの課題を同時に解決することができました。

参照:https://www.suzuyo.co.jp/transport/case/ferry02/

貨物駅のクロスドック活用

自然災害が発生した場合に船舶やトラックによる代行輸送を想定しているケースでは、会議を経てシステムに組み込まれるという流れによって1週間のタイムラグが発生するという課題がありました。そこで貨物駅をクロスドックとして活用するという対策により、輸送網のバックアップ体制を構築することができました。

参照:https://www.tajimituuun.co.jp/blog/archives/563

混雑を避けて入港

BCP対策に繋がる輸送サービス「BCP PACK」では、輸送に関するBCP対策として混雑する東京港を避けて名古屋や博多へ入港するソリューションを提供しています。鉄道や内航船を活用することにより、関東や東北エリアまで輸送を行えるため配達先まで輸入貨物を安定して供給することができるようになります。

参照:https://www.nittsu.co.jp/v-site/4.html

日本観光振興協会のBCP計画事例

日本観光振興協会では交通事業者用のBCP作成ガイドを公開しています。これにはBCP計画における基本方針や災害・危機の想定、作成・運用体制などが織り込まれています。また、風や雨・雪・水などさまざまな災害が予想される場合の対応から発生直後の対応・危機後の対応までが記載されており、参考にしながらBCP計画を作成することができます。

参照:https://www.nihon-kankou.or.jp/home/userfiles/files/koutsu_tetsudo-guide2.pdf

企業の災害対策
マニュアル作成方法はこちら

鉄道会社の復旧には補助もある

自然災害の影響により鉄道にも甚大な被害が発生することも多々ある中で、国土交通省では自己の資力のみで速やかな復旧が困難な場合には鉄道軌道整備法に基づいて復旧費用の補助を行い速やかな復旧を促すことがあります。運休を余儀なくされるなど鉄道が止まった際には振替輸送という代替手段を講じられることもありますが、エリア単位での障害が発生した場合や被害が甚大な場合にはそれだけの対応・対策では補いきれないこともあります。そのため災害の規模や復旧後の事業を持続可能なものとするための事業構造の変更など一定の条件を満たす路線については国と地方で半分ずつ負担する形で補助を行い、被災鉄道の速やかな復旧を促進しています。

出典:https://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/r02/hakusho/r03/html/n2723c01.html

業種別に見る企業の災害リスクと
その事例を紹介

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選