初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-企業における災害対応の基本知識 » 企業の災害支援や地域貢献

企業の災害支援や地域貢献

災害支援や地域貢献

台風や地震といった自然災害の多い日本の企業において、災害の発生時、企業が地域にできる災害支援や地域貢献にはどのようなものがあるのでしょうか。こちらのページでは、企業ができる災害支援についてご紹介します。

なぜ企業による
災害支援が必要なのか

被災していないとしても、通常レベルで業務を再開すると電気や水の使いすぎや業務に関連する車両が道路を埋め尽くしてしまい、被災地復興の妨げになる可能性があります。まずは災害が発生した場合は、自社の情報を把握するのと同時に、近隣の被災状況やインフラの被災状況をしっかり確認し、必要に応じて企業側も災害支援に回りながら地域貢献をしていくことが大切です

実際に災害支援を行った

企業や地域貢献する企業の事例

実際に災害が発生した際、災害支援や地域貢献ができるよう準備している企業や、実際の災害時に災害支援を行った企業があります。こちらでは、それらの事例について、いくつかご紹介します。

自治体と企業が結ぶ
「地域防災協定」

ダイキン工業株式会社の草加事務所は、自治体と地域防災協定を締結し、災害時に避難場所、重機等の資機材、ヘリの緊急離着陸場所の提供を行います。また、平常時には防災訓練の協力なども行っています。

地震発生翌日に重機と義援金を送金

中国四川の地震が発生した翌日、建築機器メーカーが復旧には必要不可欠と判断した油圧ショベルやホイールローダーなどの重機に加え、数百万元の義援金を送付しました。被災状況をしっかり集めて吟味したことで、必要なものを必要なタイミングで支援できました

被災地への商品提供と
積極的な支援の表明

大型ショッピングセンターを運営する会社は被災をしなかったものの、自社で取り扱う商品を被災地へ無償提供しました。また、あわせてメディアを通じて積極的な支援を表明したことで企業価値も上昇しました。

訓練の徹底で防災意識の
高い企業というイメージが定着

 

株式会社戸田家は、火災を想定した訓練の他に津波を想定した訓練も実施しています。災害時に社長や社員と連絡が取れなくなることを想定して無線機を設置したり、受け入れ拠点としての機能を強化したりすることで地域に貢献しています

企業ができる支援方法は
大きく分けて3つ

企業が被災地へ支援する方法としては、大きく分けて以下の3つの方法がありますが、大前提として「被災地が求めているか」「被災地に迷惑をかけないか」を意識しながら支援することが大切です

1.物資の提供

自社で取り扱いのある商品(食料品、衣料品、衛生用品など)を被災地や被災者へ無償配布する。

2.義援金・支援金の寄付

支援団体やNPO法人などを通して義援金・支援金を送ることができます。

3.ボランティア

災害時には瓦礫の撤去や支援物資の配布、炊き出しなどで人員が必要となります。企業側が従業員をボランティアとして派遣するケースもあります。

災害支援や地域貢献に
ついて考えることも大切

台風や地震など自然災害が多発する日本において、事業継続計画(BCP)や災害対策の必要性が叫ばれています。地震や津波、火災への対策とあわせて事業継続のための施策ももちろん大切ですが、企業として、災害時の支援や地域貢献について考えることも大切です。定期的に社内で「自社には何ができるのか」を考えてみましょう。

企業における災害対応の基本知識

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選