初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-企業向け災害情報・危機管理システム一覧 » 【安否確認】安否コール

【安否確認】安否コール

こちらのページでは、アドテクニカが提供しているコミュニケーションツール「安否コール」について紹介しています。こちらのシステムでは自動メール配信やアプリ通知、GPS位置情報、安否情報の自動集計、家族安否確認など多彩な機能を搭載しています。これまでに小さな企業から大企業までさまざまな企業が導入しているこの安否ツールの特徴や導入事例などについてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

安否コールの特徴を表している画像

安否コールの特徴

安否コール
引用元HP:安否コール 公式
https://www.anpi-system.net/

GPSで取得した位置情報を
一目で把握できる

安否情報をスピーディーに集計して統計データの形で一覧表示を行えます。このデータを基にして、企業のBCP対策本部にて行動計画を立てることが可能です。数万人規模という大きなデータの場合でも、リアルタイムで譲歩の取集を行えます。

家族の安否が確認できる

企業の従業員はもちろん、その家族についても安否コールを登録できるので、家族の安否状況の確認もできます。家族安否掲示板のメッセージは、登録している家族のみが閲覧可能です。また、災害時にお互いがどこにいるのかという位置情報を送り合えます。

こちらの機能では、1名の従業員につき7名までの家族登録が可能です。

アンケート、掲示板機能がある

安否コールでは、アンケート・掲示板機能を持っている点も特徴です。アンケートについては、質問と回答を無制限で作成が可能で、選択したメンバーのみにアンケートを行うことができます。また、複数のグループごとに掲示板を作成できるため、それぞれの拠点ごとに利用できますし、本社と各拠点をつなげることも可能です。

安否コール
の導入が
向いている企業とは

例えば運送業などでは通常は業務用無線を使用しているものの、大きな地震があった場合には基地局が使用できないケースが考えられるため、安否コールの導入をしていれば、各ドライバーとの連絡手段が確保できるというメリットがあります。

また、福祉サービス業においては、災害時には施設の利用者が通常の避難所を利用することが難しいケースがあるため、事業所を避難所として運用することを想定しているケースがあります。このような場合には利用者の家族との連絡手段としても安否コールを活用できます。

【特集】初動対応に差がつく
情報収集用の災害情報システムとは

企業向けの災害情報システムは、大きく「情報収集」「社内共有」「安否確認」の3種類に分かれます。
中でも注目したいのが、企業の災害対策の初動に差をつける「情報収集」系のシステム
導入によって報道より先に、「現場で今、なにが起こってるのか」を把握できるため、防災はもちろん、事業継続(BCP)対策の観点から注目を集めています
ここでは代表的な企業向け災害情報収集用のシステムを、導入の目的別に3つ紹介します。

安否コールの紹介動画

引用元:https://www.anpi-system.net/

RESCUE NOW
の導入事例

紙ベースでの連絡網から
安否コールに切り替え

製造業における安否コールの導入事例をご紹介します。 こちらの企業では、安否コール導入前は部署ごとに紙ベースの電話連絡網を用意していましたが、実際に使う場合には繋がらない、連絡が来るのが遅い、正しく連絡が回らない、最後の連絡が来ないといった問題点が寄せられていました。さらに、電話を使用しているため災害時には繋がらない状況が想定されるため、BCPを検討することを考えても、新しい手法の導入が必要と感じていたようです。

そこでこちらの企業では安否コールを導入。まだ実際の災害時での運用は行われていませんが、社内での連絡共有の場面で使用しています。また、安否コールの配信訓練を2ヶ月に1回行ってシステムに慣れることに加えて、携帯電話を変更してアドレスを変えたにも関わらず設定を忘れている従業員の洗い出しを行っています。

さらに、安否コールは随時バージョンアップが行われており、その度に便利な機能が増えていることも高く評価しています。

参照元:安否コールHP 公式(https://www.anpi-system.net/result/oobakikou.html)

システム開発・運用元の
アドテクニカとは
どのような
会社か

インターネットの可能性を追求することによって、コミュニケーションの最適化と革新的なクリエイティブを生み出す企業です。コミュニケーションの最適化によって顧客の満足と社会貢献に繋げています。

このように、「コミュニケーションデザイン&システム」をテーマとして、クラウドサービスとソリューションサービスの2つを柱としてサービスを提供。クラウドサービスにおいては、安否確認サービスなどのコミュニケーションツールや顧客管理MAPなどを提供。さらに、ソリューションサービスにおいては、上場企業や医療介護業界など幅広いお客様に対し、ホームページの企画開発から効果を高める支援まで幅広く対応しています。

アドテクニカの基本情報

本社所在地静岡県静岡市駿河区中田2丁目4-40
創業年1982年4月(設立)
電話番号0120-927-986/054-280-1670
URLhttps://www.adtechnica.co.jp/
業務内容ASP・SaaS/クラウドサービス開発事業、WEBマーケティング/ソリューション事業、システム/アプリ開発事業、クラウドサーバ/セキュリティソリューション事業

企業向け災害情報・
危機管理システム一覧

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選