初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-企業向け災害情報・危機管理システム一覧 » 【安否確認】トヨクモ安否確認
サービス(トヨクモ)

【安否確認】トヨクモ安否確認
サービス(トヨクモ)

トヨクモ安否確認サービスの特徴を表している画像

トヨクモ安否確認サービス(トヨクモ)の特徴

トヨクモ安否確認サービス
引用元HP:トヨクモHP 公式
https://anpi.toyokumo.co.jp/

管理者も従業員も使いやすい、
シンプルな操作

トヨクモ安否確認サービスは、企業管理者と従業員のどちらも使いやすい、スマートフォン専用の安否確認アプリです。回答は、設問に答える形式で、操作はシンプルで簡単に行うことが可能です。管理権限がある人は、アプリから直接、集計結果を確認できます。旧式のガラケーにも対応しており、セキュリティレベルの高いURLを送信することで、アプリと同じ対応での回答ができます。

大きな災害でも止まらずにサービスを提供します

日本国内で大規模な災害が発生しても、安定した稼働を継続します。国内での大きな災害に備えて、データセンターを分散し、メインサーバーはシンガポールに設置。どちらも世界有数のクラウドサーバー事業者であるアマゾン ウェブ サービス(AWS)のデータセンターを利用しています。

国内の金融機関やアメリカ政府なども利用する、世界でも有数のセキュリティです。建物の耐久性・入退室管理、サーバーの監視など厳格なルールによって運用され、年間2,600を超える外部機関の監査を受けている、信頼性の高い企業が提供しているので安心です。

災害時に影響を受けない
配信システムで確実に届けます

大規模な災害が発生すると、時間が経過するにつれ、メールサーバーが混雑してきて、メールの送信に遅延などが起こる場合があります。トヨクモ安否確認サービスは、災害発生時でもほとんど規制されないパケット通信だけで回答できる、ウェブ回答方式を使用しています

毎分100万通以上のメール配信が可能な、SendGrid(センドグリッド)というメール配信システムです。回線が混雑し、メールの遅延や未送が発生する前に、安否確認メールの配信を完了させることを目指し、災害時でも確実にメールを届けます。

トヨクモ安否確認サービス
(トヨクモ)の
導入が向いている企業とは

比較的安価で、明確な料金プランを提示しているので、費用を抑えたい企業や団体に向いているシステムです。国内で大災害が発生しても稼働する環境を備えているので、非常時でも安定したサービス提供を必要とする地方自治体や公共の団体、金融関連などにも適しています。スマホ以外に、ガラケーで使いたい人がいる企業にも向いています。

【特集】初動対応に差がつく
情報収集用の災害情報システムとは

企業向けの災害情報システムは、大きく「情報収集」「社内共有」「安否確認」の3種類に分かれます。
中でも注目したいのが、企業の災害対策の初動に差をつける「情報収集」系のシステム
導入によって報道より先に、「現場で今、なにが起こってるのか」を把握できるため、防災はもちろん、事業継続(BCP)対策の観点から注目を集めています
ここでは代表的な企業向け災害情報収集用のシステムを、導入の目的別に3つ紹介します。

トヨクモ安否確認サービス(トヨクモ)の操作画面

引用元:https://anpi.toyokumo.co.jp/

トヨクモ安否確認サービス
(トヨクモ)の
導入実績

トヨクモ安否確認サービス
(トヨクモ)の
導入事例

災害発生時の自動配信と
簡単な操作性が魅力

株式会社ユカは、自動販売機の導入コンサルティングや設置からアフターケアまで手掛けています。トヨクモ安否確認サービスの導入は、東日本大震災で、電話やメールで、なかなか社員と連絡を取れなかったことがきっかけです。

デモで実際の画面を見て、管理画面の見やすさと、回答のしやすさを感じ、これならだれでも簡単に操作できると思いました。関東と関西に12の支店とセンターがあるので地域を限定しての配信や、支店ごとに管理できる機能が便利です。緊急時の一斉配信は自動と手動の両方に対応しているので、細やかな対応ができます。

参照元:トヨクモHP 公式(https://anpi.toyokumo.co.jp/case/yuka.html)

災害時の迅速な安否確認により、素早く配備情報を把握

公益財団法人 愛知水と緑の公社 下水道部は、愛知県が設置する11か所の浄化センターの維持管理をしています。導入のきっかけは、東日本大震災で、電話がつながらず、メールを活用したことです。素早く連絡が取れる体制の必要性を感じました。

大規模な災害が発生したときは、職員が自宅から最寄りの浄化センターに駆けつけることになっています。導入後は、職員や家族の安否確認や、配備につけるか、到着時間などの連絡がスムーズに行え、早期の対応を実現しています。自動配信や、メールアドレスの複数登録は便利な機能です。

参照元:トヨクモHP 公式(https://anpi.toyokumo.co.jp/case/aichi.html)

システム開発・運用元トヨクモとは

どのような会社か

トヨクモは、スマートフォンやタブレット向けのクラウドサービスの開発や新サービスの開発・運用を行うSaaS企業です。主なものは、クラウド型安否確認システム「安否確認サービス2」、kintone(キントーン)向け連携クラウドサービスです。IT初心者でも使える、シンプルな機能とわかりやすい操作性を目指しています。一時的に求められるサービスではなく、企業に根付くような新しいサービスの提供に挑戦し続けます

トヨクモの基本情報

本社所在地東京都品川区上大崎3-1-1 JR東急目黒ビル 14階
創業年2010年
電話番号050-3816-6666
URLhttps://toyokumo.co.jp/
業務内容クラウドサービスの開発/提供、新サービスの開発と運用

企業向け災害情報・
危機管理システム一覧

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選