初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » これからの日本企業が取り組むべき有事の事業継続計画(BCP)とは

これからの日本企業が取り組むべき有事の事業継続計画(BCP)とは

大規模な自然災害に見舞われている昨今の日本では、企業が事業継続のために事業継続計画(BCP)の策定が推奨されています。そこで、事業継続計画(BCP)とはどのようなものか、作成の流れや今後の課題などについて解説します。

事業継続計画(BCP)とは
どのようなものか

事業継続計画(BCP)という言葉は知っているものの、詳しくはわからないという方のために、こちらのページでは、BCPとはどのようなものなのか、BCPと似ている事業継続力強化計画との違いや事業継続力強化計画を作るメリットなどについて解説します

事業継続計画(BCP)と
事業継続力強化計画や
メリットについて詳しく見る

経済産業省・厚生労働省が分類するフェーズ

経済産業省や厚生労働省では、災害やテロ、システム障害が発生した場合、発生から復旧までを各フェーズに分けています。企業が実際にBCPを策定するにあたって、これらのフェーズを理解しておくことが重要です。そこでこちらのページでは、各フェーズで重要なポイントなどについて解説します。

BCPを策定するための
フェーズや
各ポイントについて詳しく見る

BCPマニュアル開発の流れ

万が一の時のためにBCPマニュアルは必要です。それは、大企業だけなく中小企業にも言えます。そこで、これからBCPマニュアル開発に取り組もうと考えている企業のために、BCPマニュアル開発の流れやコツなどについてご紹介しています。

BCPマニュアルを
開発するための
流れやコツについて詳しく見る

事業継続計画に取り組む企業の事例

実際に事業継続計画(BCP)に取り組んでいる企業の事例を5つピックアップしてご紹介しています。BCP対策の一環として会社独自のシステムを開発・活用したり、他社のシステムを導入したりするなど各社それぞれの取り組みについてご紹介しています。

BCPに取り組む企業の事例に
ついて詳しく見る

事業継続における今後の課題

事業継続計画(BCP)の策定にあたり、「ノウハウを持った人員がいない」「BCP策定のための時間が取れない」といった課題を抱える企業もあります。そこでBCP策定に関する課題とその解決方法についてご紹介します。

BCPの策定に関する
様々な課題や
解決方法について詳しく見る

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選