初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-各省庁のBCPガイドラインとは » 経済産業省のBCPガイドライン

経済産業省のBCPガイドライン

経済産業省の事業継続(BCP)

ガイドライン策定の背景や目的

経済産業省

経済産業省が事業継続(BCP)ガイドラインを策定することで、BCPを含む事業継続マネジメント(BCM)の必要性や有効性などを示し、日本の企業が自ら事業継続のための取り組みを始める目的もあります。また、未だ取り組んでいない企業には取り組みを促すこと、取り組みが不十分な企業には、見直しや改善を促すことを期待して策定されています。企業継続(BCP)のガイドラインに則って策定をしていくことで、企業自体の信頼や価値の向上にも繋がるよう考えられた背景があります。

ガイドライン順守した事業継続

(BCP)計画のための検討項目

BCP対策を行う男性①

事業継続対策

災害などの緊急事態が発生した際に、自社にとって重要な業務が目標復旧時間までに目標復旧レベルまでの達成を目指す必要があることから、まずは重要な業務に必要な要素や速やかな目標達成の妨げになる要素は何かなどをしっかり検討する必要があります

企業の中枢機能を確保

本社社屋など、重要な拠点が大きな被害を受けた場合、自社の中核機能が停止してしまう可能性があります。それは企業にとっての大きな痛手となるため、中核機能が停止しないよう、想定されるリスクにあわせてだいたい拠点を用意するなどが必要です

情報・情報システムの維持

自社にとって重要な業務を継続していく場合は、文書も含む重要な情報を災害時であっても使用できなくてはなりません。そのため、重要な情報は日頃からバックアップをとっておくなどして、情報自体も被災しない場所に保存しておくことが大切です

法律や規則への対応

企業が被災した場合でも、法令や規則などを遵守しながら業務を進めていく必要があります。万が一、災害時に法令や規則などの遵守が難しいなど懸念がある場合は、予め他の企業と連携し、政府や自治体に「緊急時の緩和措置」を検討しておくと良いでしょう。

【特集】初動対応に差がつく
情報収集用の災害情報システムとは

災害対策の初動に差をつけると注目をあつめているのが、企業向けの災害情報システムです。各地で起こっている災害や事故情報を報道より先に受け取ることで、「現場で今、なにが起こってるのか」「次にすべきことはなにか」を把握できるため、防災はもちろん、事業継続(BCP)対策の観点から注目を集めています

経済産業省のガイドラインを
順守した
事業継続
(BCP)計画の事例

事例1:生出/製造業

2009年の新型インフルエンザの大流行をきっかけにBCPを策定しました。中小企業でありながらも、生出は事業継続マネジメントシステム(BCMS)の国際規格の認定を取得しました。万が一、社員の一部が出社できなくなったとしても、顧客企業に製品を供給し続けられる体制を整えています。会社の近くを走る「立川断層」による、地震の被災シナリオを想定、生産ラインがストップした後の代替生産の体制を確立しています。

事例2:新産住拓/工務店

台風への備えを強化しながら東日本大震災の教訓を学び、想定外だった熊本地震に対応しました。次に起こることを予測しながら社員のケアや職人の確保など先手で対応し続けられました。3000人もの顧客の修理・点検が必要な状況下でも、社員の安全性を第一に考えながら乗り越えました。一般社員でも被害状況を聞き取れるような電話マニュアル・チェックシートは台風対策として用意していたものを応用しながら対応できました。

事例3:藤崎/小売業

創業200年近い老舗百貨店の藤崎は、東日本大震災で建物が被災したものの、負傷者を出すことなく顧客を屋外に誘導できました。翌日から食料品や生活必需品などの路上販売をしながら事業を継続させました。それも、被災翌日から営業本部長を責任者とし、復旧班と事業を継続させる営業班に分けて、復旧と事業継続を同時進行させました。レジが使えない状況でもお釣りがでないように工夫して販売して乗り越えた経緯があります

各省庁のBCPガイドラインとは

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選