初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-企業向け災害情報・危機管理システム一覧 » 【情報収集】RESCUE NOW
(レスキューナウ)

【情報収集】RESCUE NOW
(レスキューナウ)

RESCUE NOWの特徴を表している画像

RESCUE NOW(レスキューナウ)の特徴

RESCUE NOW(レスキューナウ)
引用元HP:レスキューナウ 公式
https://www.rescuenow.co.jp/

有人監視によるタイムリーな発信で
防災に必要な情報を提供

RESCUE NOWの情報収集元である「危機管理情報センター(RIC24)」は、24時間365日公的な情報を中心にタイムリーに必要な情報を提供します。

防災に必要な情報を有人ならではの細やかな分析の上で配信。多くのリスクに対応するため、災害情報、交通情報、気象情報など5分野28種類の幅広い情報を取り扱っています。情報はわかりやすくXMLテキストデータにして災害の地域・レベル・カテゴリなどを提供しています。

災害発生時の初動判断を
サポートするサービス

災害が発生した時、初動をいかに迅速に、正確に行えるかが、防災対応の成否をわけるといっても過言ではありません。RESCUE NOWは「レスキューWeb MAP」「安否確認サービス」「ステータスChecker」といった、初動の判断や対応を支援するサービスとの連携ができます。

「レスキューWeb MAP」は災害や危機を可視化、「安否確認サービス」は情報をメール配信してシステムで自動収集、「ステータスChecker」は被害状況を集約して状況把握を支援、報告書作成も可能です。従業員の安全を確保した上で、その後の処理も一括で対応可能なため、人事・総務部などの負担軽減に繋がります。

災害が起きる前の様々な
備えをサポートします

RESCUE NOWの提供会社では、専門家が厳選した防災用品の提供や、備蓄計画の作成、設置場所や管理方法、防災訓練の立案など、防災対策をまるごとコンサルティング可能です。

特に社員へ配布する「防災カード」は、非常時の行動指針・安否確認方法・緊急連絡先など、いざという時に必要な情報を、携帯できるカードサイズにまとめたもの。昨今の情勢においてテレワークなど働き方が多様化した結果、オフィス以外にいる社員に対して、いざという時に安全性を高く保ち行動できるよう、これまで以上に必要性が高まっています。

RESCUE NOW
の導入が
向いている企業とは

レスキューナウは、24時間365日体制で、災害などの気象情報や避難情報といった幅広い危機関連情報を配信しています。災害発生時、社員の迅速な防災対応が求められる企業の人事部・総務部などに向いているシステムです。また正確な情報収集をして正しい情報を発信する新聞社や放送局にも導入されています。

【特集】初動対応に差がつく
情報収集用の災害情報システムとは

企業向けの災害情報システムは、大きく「情報収集」「社内共有」「安否確認」の3種類に分かれます。
中でも注目したいのが、企業の災害対策の初動に差をつける「情報収集」系のシステム
導入によって報道より先に、「現場で今、なにが起こってるのか」を把握できるため、防災はもちろん、事業継続(BCP)対策の観点から注目を集めています
ここでは代表的な企業向け災害情報収集用のシステムを、導入の目的別に3つ紹介します。

RESCUE NOW(レスキューナウ)の紹介動画

引用元:https://www.rescuenow.co.jp/riskmanagement/rescuewebmap

RESCUE NOW(レスキューナウ)の操作画面

引用元:https://www.rescuenow.co.jp/lp/anp1

RESCUE NOW
の導入実績

RESCUE NOW
の導入事例

対策本部の災害発生時に
おける迅速な情報収集に利用

建物や道路、鉄道、ライフラインまで幅広く設計・建設を手掛ける大林組には、大勢の社員がおり、全国各地で作業をしています。すでにある震災対策本部を支援するためにRESCUE NOWを導入しました。

時間がかかっていた従業員の安否や現場の状況把握が早期にでき、迅速な意思決定や体制構築のスピードアップに役立っています。まとまった情報を、俯瞰して確認できるのが便利です。

参照元:レスキューナウHP 公式(https://www.rescuenow.co.jp/case/01#)

安否確認の効率化と
従業員の災害意識の向上に

つながっています

水処理薬剤の開発や製造を行う片山化学工業研究所は、災害時の安否確認を、電話をベースとしたアナログな方法で行っていました。2011年東日本大震災の際、安否確認ができない複数の社員がいたため、これを機に危機管理体制を見直し、RESCUE NOWを導入。

個人情報は他者に見られることなく、しっかりと守られており、従業員が納得して使えるシステムです。年1回の訓練実施で、操作法の周知、情報の更新ができ、さらに従業員の災害に対する意識も高まっています

参照元:レスキューナウHP 公式(https://www.rescuenow.co.jp/case/05#)

システム開発・運用元の
レスキューナウとは
どのような
会社か

レスキューナウは2つの事業を展開している企業です。コンテンツ事業では、危機管理情報センターで収集される、地震などの災害情報、鉄道遅延情報、防犯情報などを抽出してデータ配信を実施。正確な情報をリアルタイムで提供し、テレビ局や自治体、インターネットポータルサイトなど情報サービスの付加価値向上に貢献しています。

危機管理サービス事業では緊急対応のノウハウを体系化し、災害発生直後の様々な初動体制を支援。訓練計画や備蓄品など柔軟な対応が可能です。

レスキューナウの基本情報

本社所在地東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル1階
創業年2000年
電話番号03-5759-6775
URLhttps://www.rescuenow.co.jp/
業務内容コンテンツ事業(情報配信サービス)、危機管理サービス事業

企業向け災害情報・
危機管理システム一覧

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選