初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-これからの日本企業が取り組むべき有事の事業継続計画(BCP)とは » 事業継続における今後の課題

事業継続における今後の課題

今後の課題

事業継続計画(BCP)を策定しようと思っても、ノウハウをもった社員がいない、BCPを策定するために必要な時間が確保できないなど、さまざまな課題が浮き彫りになります。まずはBCP作成に対してどんな課題があるのかと、その解決策についてご紹介します。

事業継続計画(BCP)策定に
おける課題

事業継続計画(BCP)策定をする上で、どのような課題や問題点があるのかを見ていきましょう。

策定のノウハウを持った
人材がいない

事業継続計画を策定しようとした場合、どこからどのように手を付けて進めてよいかわからないという問題点があります。事業継続計画に関する知識がない人達によって手探りで進めても、きちんと策定できない可能性も出てきます。そのため、社内だけで策定しようとすると、まずは事業継続計画について学ぶところから始めなくてはなりません。

策定する時間が確保できない

事業継続計画(BCP)の策定を進めたくても日常業務が忙しくて時間をとることができないという問題もあります。策定のノウハウがないという点とも繋がりますが、策定に関する知識を持った人員がいないことや、これからBCPについて学ばなくてはならないとなると、より時間を確保するのが困難になってしまいます

書類作りで終わってしまう

事業継続計画(BCP)の策定を進めていたとしても、なんとなく物事を決めているだけで実効性の高い事業継続計画が作れないという点も課題の1つとして挙げられます。緊急事態を想定した計画を策定するので、平時にはなかなかイメージしづらいという点も課題です。

策定に関してどこに
相談していいかわからない

事業継続計画(BCP)の策定に関して不明点や疑問点があってもどこに相談してもいいかわからず、事業継続計画(BCP)の策定が頓挫してしまうという結果に繋がります。自社に近いBCPの事例が見つからないというところも、スムーズに策定できない問題に繋がります。

策定の課題や問題点に
対する解決策

これまでに上がったBCP策定に関する課題・問題点にたいして、どのような解決策があるのかについてご紹介します。

コンサルタントに相談する

事業継続計画(BCP)の策定を円滑に進めるためには、コンサルタントに相談をするという方法もあります。さまざまな会社の事業継続計画(BCP)の策定に携わっているコンサルタントの力を借りることで、より実効性の高いBCPの作成を進められます

BCPに強い企業の
システムを利用する

業種によっても異なりますが、BCP対策に繋がるツールやシステムを販売している会社があります。例えば有事の際に正しい情報を素早く収集するためのシステムや、土砂災害などの危険度をリアルタイムで把握するためのツール、予め建物の耐震診断を行い、防災意識を高める目的のツールなどを導入する方法もあります。

BPOに依頼する

BPOはBusiness Process Outsourcingの略称で、BCPの策定を外部に委託するという方法もあります。専門の知識を有した人員が適切かつ実効性の高いBCP作成を行ってくれます

【特集】初動対応に差がつく
情報収集用の災害情報システムとは

災害対策の初動に差をつけると注目をあつめているのが、企業向けの災害情報システムです。各地で起こっている災害や事故情報を報道より先に受け取ることで、「現場で今、なにが起こってるのか」「次にすべきことはなにか」を把握できるため、防災はもちろん、事業継続(BCP)対策の観点から注目を集めています

これからの日本企業が
取り組むべき
有事の事業継続計画(BCP)について解説

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選