初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 災害別に見る企業のリスクとその事例

災害別に見る企業のリスクと
その事例

地震

地震が発生した場合の企業が受けるリスクとはどのようなものでしょうか?地震が発生すると、建物や機械、設備が壊れて使えなくなる恐れや、道路が寸断されると流通が混乱するなど予想できます。企業が地震の際に行った対策や、事業継続や防災の役に立った事例をご紹介します

地震が発生した場合の

リスクについて詳しく見る

台風

台風が発生した場合、企業が受けるリスクとはどのようなものがあるでしょうか?台風が発生して風が強まると、危険物の飛来や落下でケガをする恐れがあります。海の近くでは高潮の脅威にも備えなければいけません。企業が台風に備えて行った対策や、事業継続や防災の役に立った事例をご紹介します

台風が発生した場合の

リスクについて詳しく見る

水害

水害に遭った場合、企業が受けるリスクとはどのようなものでしょうか?洪水が発生すると人や建物、車が飲み込まれ、オフィスが浸水すると機械や設備の破損や、重要データの喪失、システムダウンなども考えられます。企業が水害に備えて行った対策や、事業継続や防災の役に立った事例をご紹介します

水害が発生した場合の

リスクについて詳しく見る

火災爆発事故

火災や爆発事故が発生した場合、企業が受けるリスクとはどのようなものでしょうか?火災では煙による被害が深刻です。重要データや機械、設備などが燃えてしまうと元に戻せません。企業が火災や爆発に備えて行った対策や、事業継続、防災に役に立った対策事例をご紹介します

火災・爆発事故が発生した場合の

リスクについて詳しく見る

落雷・停電

落雷や停電が発生した場合、企業が受けるリスクとはどのようなものでしょうか?落雷は外で仕事をしている場合、とても危険です。停電はシステムダウンを起こすなど、重大な影響を及ぼします。企業が落雷や停電に備えて行った対策や、事業継続、防災に役に立った対策事例をご紹介します

落雷・停電が発生した場合の

リスクについて詳しく見る

その他(事故、犯罪、テロなど)

事故やテロ、犯罪などに遭遇した場合、企業が受けるリスクとはどのようなものでしょうか?突発的な事故やテロを防ぐのは難しいことですが、それらの脅威を知ることで備えることはできます。企業が事故やテロなどに備えて行った対策や、事業継続、防災に役に立った対策事例をご紹介します

事故、犯罪、テロなどが
発生した場合の

リスクについて詳しく見る

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選