初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-企業向け災害情報・危機管理システム一覧 » 【安否確認】オクレンジャー
(パスカル)

【安否確認】オクレンジャー
(パスカル)

オクレンジャーの特徴を表している画像

オクレンジャー(パスカル)の特徴

オクレンジャー
引用元HP:パスカルHP 公式
https://www.ocrenger.jp/

災害発生時にメールを自動配信、
表やグラフで回答を可視化

震度や気象、発生エリアなどの条件をあらかじめ指定し、気象庁から発表された地震や気象情報と一致した際に、安否確認メールを自動配信します。回答は、人数や回答内容が自動集計され、一覧表や円グラフなどで、素早く確認できます。

データはExcelファイルでダウンロードすることも可能。詳細な連絡や報告に活用できます。未回答者を抽出して、安否確認メールの再送信も可能です。従業員が自由に投稿できる掲示板を設置すれば、被害状況の写真などが収集され、「災害掲示板」として情報共有できます。

高いセキュリティを確保して、
従業員の個人情報を守ります

オクレンジャーでは、個人情報の暗号化やSSL通信といった高度なセキュリティを採用しています。開発元のパスカルは、情報セキュリティの管理方法に関する国際規格「ISO27001」を取得しており、情報漏洩などのリスクに配慮した運用を実施

運営管理はすべて社内で行い、外部委託は一切していないので、個人情報などが外部に出ることはありません。個人情報の登録は、従業員本人がメールを受信して行います。個人情報の収集や管理は不要となり、管理担当者の作業軽減を実現。登録した従業員の個人情報は管理担当者が閲覧できない仕組みになっており、登録後のトラブルも防止できます。

海外設置サーバーとプッシュ通知による災害対策

オクレンジャーのサーバーは、国内に1か所、海外に2か所設置しています。日本国内で大規模な災害が発生すると、海外のサーバーに切り替えて、安定した安否確認システムのサービスを提供し続けます。

スマートフォンに専用アプリをダウンロードすれば、アプリでの安否確認の対応が可能。災害時の通信状況に影響を受けにくいプッシュ通信に対応しているため、迅速に安否確認メールを送信できます。

オクレンジャー(パスカル)の
導入が
向いている企業とは

全国のあちこちに事業所や工場があり、災害に備える必要がある企業などに適しています。それぞれの地域に安否確認メールを自動配信できます。避難に時間を要する病院や介護福祉施設が、素早く情報収集して、避難などの判断・行動を迅速に開始するためにも向いているシステムです。実際に様々な業界の企業が導入しており、様々な分野に対応できます。

【特集】初動対応に差がつく
情報収集用の災害情報システムとは

企業向けの災害情報システムは、大きく「情報収集」「社内共有」「安否確認」の3種類に分かれます。
中でも注目したいのが、企業の災害対策の初動に差をつける「情報収集」系のシステム
導入によって報道より先に、「現場で今、なにが起こってるのか」を把握できるため、防災はもちろん、事業継続(BCP)対策の観点から注目を集めています
ここでは代表的な企業向け災害情報収集用のシステムを、導入の目的別に3つ紹介します。

オクレンジャー(パスカル)の紹介動画

引用元:https://www.ocrenger.jp/archives/3360/

オクレンジャー(パスカル)の操作画面

引用元:https://www.ocrenger.jp/product/

オクレンジャー(パスカル)の
導入実績

オクレンジャー(パスカル)の
導入事例

実際の災害時に使用して
安否確認の使いやすさを実感

貨物運送事業を営むボルテックスセイグンでは、東日本大震災での経験が導入のきっかけとなりました。震災当時、電話回線が混乱し、社員と連絡が取れない事態が発生。これを機に、BCP対策としても使用できる安否確認システム・緊急連絡網の導入を決定。

常に携帯しているスマートフォンに配信することで、タイムリーな連絡が実現。配送中の品質トラブルなどの非常事態での緊急連絡にも使え、早い段階でドライバーに指示が出せます。導入後に発生した地震の際も、安否確認システムの使いやすさと連絡の取りやすさを実感しました。

参照元:オクレンジャーHP 公式(https://www.ocrenger.jp/interview/vortexseigun.php)

職員や家族への連絡が迅速に行え、素早い対応が可能に

社会福祉法人光仁会 富竹の里は、特別養護老人ホーム、ショートステイ、訪問介護などを運営しています。オクレンジャーを導入したきっかけは、近くを流れる千曲川が氾濫した、令和元年の台風19号の災害です。

利用者家族への避難開始の連絡から、職員を増員しての避難移動まで、約5時間かかりました。夜の避難で混乱する中、家族からの問い合わせ対応にも追われ、職員や家族への周知を迅速に行える仕組みの必要性を感じました。導入後は、早期の業務体制確立を実現。家族への連絡が2回だったのが、7回発信でき、詳細な情報が伝わることで、家族の安心感につながりました。

参照元:オクレンジャーHP 公式(https://www.ocrenger.jp/interview/koujinkai.php)

システム開発・運用元パスカルとは

どのような会社か

パスカルは、「見える化」につながる連絡網サービスやクラウド型システムなど、様々なサービスを提供しているIT専門企業です。主にシステム開発とオリジナル商品開発を行っています。

企業の問題、業務の課題などのコンサルティング、システムやアプリの設計、プログラミングによって、高品質なシステムインテグレーションを提供。代表的な製品は、連絡網システム「オクレンジャー」です。多くの自社製品の開発にも力を注ぎ、時代のニーズに応えつつ、新しいチャレンジを続けています。

パスカルの基本情報

本社所在地長野県佐久市猿久保881-8
創業年1984年
電話番号0267-66-1991
URLhttps://www.pascal.ne.jp/
業務内容ソフトウェア開発等

企業向け災害情報・
危機管理システム一覧

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選