初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 企業における災害対応の基本知識

企業における災害対応の基本知識

災害大国日本において、災害はいつどこで起こるかわかりません。災害が発生した時には、企業はどのような災害対応を行えばよいのでしょうか。こちらでは事前に知っておきたい災害対応マニュアルの作成方法やリスクマネジメントなどについてご紹介します。

企業の災害対策マニュアル作成方法

地震や台風など、自然災害が多い日本の企業においては、災害対策マニュアルの作成はもはや必須と言えます。そこで、コチラのページでは、これから災害対策マニュアルを作成する方のために、作成方法や万が一の連絡手段、災害用の備蓄について解説します。

企業の災害対策マニュアル
作成方法について

詳しく見る

リスクマネジメント
としての災害対策

自然災害や人為的な災害も含め、災害は企業にとっては大きなリスクとなります。そんなリスクの高い災害に対し、リスクマネジメントの観点から災害対策をする場合のポイントについてまとめました。また、従業員への教育や備品についての必要事項についても解説しています。

リスクマネジメントとしての
災害対策について

詳しく見る

災害時の備蓄品のガイドライン

災害時には公共交通機関がストップしてしまったり、主要幹線道路も通れなくなってしまったりする可能性があります。その場合は、従業員が帰宅困難者となり、会社に留まる必要があります。そんな時に役立つ備蓄品について、1人あたりに必要な備蓄品の量や管理方法などについて詳しく解説します

災害時の備蓄品のガイドライン
について
詳しく見る

企業の災害対策事例

災害時には迅速な情報収集や判断が求められます。企業によっては自治体と協定を結ぶほか、生活インフラを素早く復旧しなければならない責務を負っています。そんな企業がどのような市街対策をしているのか、どのようなシステムを採用しているのかなど、企業災害対策事例についてご紹介します

企業の災害対策事例について
詳しく見る

企業の災害支援や地域貢献とは

毎年のように豪雨や豪雪、地震などの自然災害に見舞われる日本において、災害時でも事業を継続するために事業継続計画(BCP)や災害対策の策定が急務ですが、同時に企業ができる災害支援も大切です。こちらでは企業としてできる災害支援や地域貢献についてご紹介します

企業の災害支援や地域貢献
について詳しく見る

企業の災害レジリエンスを高めるには

2016年に発生した熊本地震で実際に被災した企業を対象として行われたアンケートやヒアリング調査をまとめ分析した結果をピックアップ。事前にしっかりと対策を講じていた企業はどの位の割合だったのか、どのような問題に直面したのか、そして、どのように災害レジリエンスを高めることができるのかをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

企業の災害レジリエンス
について詳しく見る

災害発生時のSNS分析

災害が発生した時、被害状況や安否確認などの情報をリアルタイムで正しく把握することが重要。SNSを用いると、災害が発生したエリアの被害情報の把握に役立ったり、避難場所や避難所の状況把握や、支援物資を得られる場所の確認を行えたりするのがメリットです。しかし、誤った情報やデマが拡散される可能性もあるため、情報の真偽を見極めて判断することが大切です。

災害時のSNS分析
について詳しく見る

企業のサプライチェーンリスクを考える

企業においては、ビジネスを円滑に進める上で「サプライチェーンリスク」についてあらかじめ対策しておくことが大切といえます。こちらのページでは、サプライチェーンリスクとはどのようなものが考えられるのか、対処方法としてはどういった考え方をすることがおすすめなのか、といった点について解説しています。また、サプライチェーンが原因でトラブルが発生した事例についても紹介しています。

企業のサプライチェーンリスク
について詳しく見る

もし災害が起こったら?初動対応はどうしたらよい?

事故や災害発生時にその被害を可能な限り食い止めるには、初動対応が適切にできるかどうかにかかっています。初動対応を的確に行うためには、普段から従業員の避難経路や避難場所を確認しておくことが大切です。また、災害発生時には安否確認ができるように、LINEやSNSを利用した連絡システムの構築も欠かせません。さらに、錯綜する情報を管理するために、素早く災害対策本部を設けることも重要です。

もし災害が起こったら?初動対応はどうしたらよい?
について詳しく見る

防災DXとは何を指す?

大規模災害が起こると、インフラが寸断されたり、交通手段が使えなくなったりして、被害が広がってしまいます。防災DXとは、そうした事態を防ぐために、DX、AIなどの技術を活用して対応しようとする取り組みです。防災DXには、緊急情報をスムーズに伝達することで被害を可能な限り防いだり、情報収集がスムーズにできるといったメリットがあります。

防災DXとは何を指す?
について詳しく見る

災害の危機管理とBCPの違い

災害の危機管理と混同されやすいのがBCPです。危機管理はあくまでも予想外の事故や災害が発生したときに、その被害を可能な限り抑えるためのものであるのに対し、BCPは事業を行ううえで想定内のトラブルが起こったときに、事業を継続できる状態を保つための方策です。BCPでは、事故や災害で社員が出社できない、交通手段が使えないので取引先へ商品の納入ができないといった事態が起こったときに、問題なく事業を継続するための対応をあらかじめ決めておくのがBCPです。

災害に対する危機管理を企業はどう考える?

災害に対する企業の危機管理とは、災害が起こることを前提に日頃から準備をしておくことです。危機が発生してから用意を始めても間に合いませんので、事前に危機管理マニュアルやエスカレーションルールを定めておき、具体的な対応策を決めておく必要があります。起こらないように予防するのではなく、「起こることを前提に、準備をしておく」のが危機管理です。

災害に対する危機管理を企業はどう考える?
について詳しく見る

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選