初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-企業における災害対応の基本知識 » 災害に対する危機管理を企業はどう考える?

災害に対する危機管理を企業はどう考える?

企業には災害に対する危機管理能力が求められています。危機管理は企業の存亡を左右する重要なファクターです。ここでは、災害における企業の危機管理やリスク管理との違い、危機管理体制の構築方法などを紹介しています。

危機管理とは

危機管理とは、災害や事件が発生して業務が中断した場合、被害や影響を最小限におさえ、かつできるだけ早く復旧するための備えや対策を平素から用意しておくことです。

国であれ企業であれ個人であれ、突発的な事態に対して素早く適切に対処するのは容易ではありません。むしろ、想定外の出来事に慌ててしまい、動揺と混乱が広がります。

しかし、普段から有事を想定して備えをしておくことで、冷静かつ的確に対応することができます。「来たる有事を想定して、日頃から準備をしておくこと」。これが危機管理のエッセンスです。

リスク管理との違い

危機管理とよく似た言葉に「リスク管理」と呼ばれるものもあります。両者は同じ意味だと思っている方もいるかもしれませんが、危機管理とリスク管理は同じではありません。

危機管理は「有事が起こることが前提で、それに備える」という概念ですが、リスク管理は、危機を招く可能性のある要因を事前にチェックして、それを回避する方法を考えておくことです。

「起こったときどうするか?」を考える危機管理に対して、リスク管理では「起こらないように予防するにはどうしたらいいか?」を考えます。この違いを覚えておきましょう。

危機管理体制の構築方法は

企業における危機管理は、掛け声だけでは功を奏しません。具体的にどのように行動し対処するのか?について、マニュアルやルールを定めておき、それぞれの現場で効果的に動ける「体制」を整えておく必要があります。

危機管理体制の構築方法には、「危機管理マニュアル」と「エスカレーションルール」の2つがあります。

危機管理マニュアル

危機管理マニュアルは、実際にリスクが発生した際、具体的にどのような対応をすべきかについて記載したマニュアルです。

危機管理マニュアルが作成された目的・基本方針から、危機レベルの設定、被害予測、平時の取り組み、危機発生時の対応策、復旧への取り組みなど、複数の項目に分けて作成し、各段階での行動指針を明記して文書にします。

危機管理マニュアルを作成することで、危機が発生しても社内統制を保ったまま、混乱することなく落ち着いて対応できます。

エスカレーションルール

エスカレーションルールとは、発生した問題を上司に報告し、指示を受けるときのルールです。普段は顧客や取引先からのクレーム対応などに活用されますが、危機管理でも重要な概念です。

具体的には、危機のレベルや緊急度に応じて、「この場合は課長に報告する」「この場合は部長に報告して指示を仰ぐ」という感じで、危機の報告と指示に関するルールを設定します。これにより、不要な混乱を避けつつ、効率良く迅速に情報収集と共有を行い初動対応を進めることができます。

企業向け災害情報・
危機管理システム一覧

企業における災害対応の基本知識

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選