初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 災害情報システムとは?目的別に解説

災害情報システムとは?
目的別に解説

災害情報の収集・一元管理

SNSやライブカメラなどの膨大な情報を、24時間365日稼働するシステムで、リアルタイムで収集します。AIや人の目によってデマ情報を排除した、正確な情報を提供。災害発生時には、あらかじめ登録しておいた送付先にアラート通知を自動配信します。

担当者間のやりとりは、すべてシステム上に表示され、対応状況を全体で共有できます。パソコンやスマートフォンから送られてきた情報は自動で時系列にシステム内で一元化管理。写真の位置情報を利用して発生場所を地図上に表示することも可能です。

災害情報の収集・一元管理に
ついて詳しく見る

社内での情報共有

収集した情報は、限定した地域や、情報レベルに合わせた共有範囲を指定できます。エリアやグループごとに設定したメール配信も可能です。収集した回答や情報は、自動で時系列に登録され、瞬時に可視化できます

対応のすべてがシステム上で表示され、災害活動の全体共有が容易になります。写真や動画で、現地の様子を目で見て確認することも可能です。避難所や物資供給の拠点を登録して、支援物資の在庫管理など、様々な状況把握に活用できます。

災害活動の全体共有が容易になる
社内での情報共有について
詳しく見る

社員の安否確認

あらかじめ設定しておいた規模の災害が発生すると、自動で安否確認メールを配信します。一斉送信だけでなく、任意の従業員や個別に連絡することも可能です。未回答者には再送回数や間隔を設定して、自動で再送信できます

対応は、マニュアルなしで直感的に誰にでも操作できるものです。人事システムなどと連携すると、メンテナンスの必要がなく、管理者の作業負担を軽減できます。メールの内容は定型フォーマットや質問項目を設定して、1度の連絡で詳細な情報収集することも可能です。

社員の安否確認を容易にする
システムについて詳しく見る

国が提供する
災害情報関連システムとは

国が提供する災害情報関連システムに、Lアラートがあります。地方公共団体やライフライン事業者などが提供する、災害関連情報などの公共情報を集約し、放送局やアプリ事業者などに一斉配信して、地域住民の早期避難や被害低減につなげるものです

官公庁が提供する災害情報システムには、統合災害情報システムDiMAPS、地震防災情報システムDIS、応急対策支援システムEMSなどがあります。いずれもインフラや交通機関などの被害情報をデータ化し、災害対応を支援します。

災害対応を支援する災害情報関連
システムについて詳しく見る

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選