初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-業種別に見る企業の災害リスクとその事例 » 航空業界のBCP対策

航空業界のBCP対策

島国である日本にとって、航空業界は他国への交通手段として非常に重要です。そこで、実際に航空業界がどのようなBCP対策を行っているのかを紹介します。

航空業のBCP対策事例

トラブルを想定して規定化

大手航空会社ではリスクマネジメントとサイバーセキュリティ対策を含めた情報セキュリティ対策を強化しています。レベル毎に対応を設定し、有事の際に適切に業務を遂行できる体制を構築しています。感染症や震災関連などを想定しての事業継続マネジメントを規定化しています。

参照元:JAL公式HP(https://www.jal.com/ja/sustainability/governance/riskmanagement/

空港全体の支店

国際空港では、地震、風水害によるライフラインの長期断絶や空港機能喪失を想定したBCPを策定しています。特徴として、自社グループだけではなく、空港関連事業者と共に対応する点です。自社だけの局地的な展開ではなく、空港全体で役割分担を定め、さらには利用者向けの情報発信も強化しています。

参照元:Bousaiz公式HP(https://www.bousaiz.com/case/case05.html

幅広い対応策を想定

とある地方空港では、機能別に対応を計画。基本方針として空港利用者・従業員の安全・安心の確保、航空ネットワークの維持・早期復旧を掲げ、「いざという場面」に遭遇した時に事業継続に向けた取り組みを円滑に行えるよう、他の事業者との連携も策定しています。また、各種被害を想定し、状況に応じた行動内容を立案しています。上下水道供給や電気供給、さらには関連する鉄道アクセス総執事など幅広い状況を想定しています。

参照元:福岡空港公式HP(https://www.fukuoka-airport.co.jp/uploads/2020/07/fiac_BCP_202007.pdf

被災経験に基づくBCP策定

とある地方空港では、実際に大きな損害を受けた経験から、BCPを策定しています。コンセプトとして掲げているのは、関係機関との連携、予防・減災・早期復旧の全てのフェーズへの対応計画です。人々を守ることを第一に、機器に対して迅速に対応できる危機管理組織を掲げ、自然災害においては24時間以内に平常時と同等の環境の提供、72時間以内に安全に空港内で過ごせる環境を目標に掲げています。

参照元:関西空港公式HP(http://www.kansai-airports.co.jp/efforts/safety/file/KAP_BCP_Summary_jp.pdf

企業の災害対策
マニュアル作成方法はこちら

航空業界のBCP対策まとめ

航空業界が行っているBCP対策を紹介しました。経過時間による目標を掲げている空港もあれば、様々なシチュエーションを想定したもの、さらには自社だけではなく関連事業者との連携を想定したものなど、多種多様なBCP対策がとられています。航空業界は多くの事業者が関わっているとあって、自社だけのBCP対策ではなく、関係する事業者全体でのBCP対策が求められていることが分かります。災害はいつどのように起きるか分からないからこそ、どのような形で起きても対応できるよう、対策を策定することが大切です。

業種別に見る企業の災害リスクと
その事例を紹介

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選