初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 企業向け災害情報・危機管理システム一覧

企業向け災害情報・危機管理
システム一覧

Spectee Pro(スペクティ)

Spectee Proは、リアルタイムで集まるSNSやライブカメラなどの膨大な情報を、独自のAI特許技術と専門スタッフの目によって最適化し、より正確な情報をいち早く素早く配信します。

Spectee Pro(スペクティ)

について詳しく見る

RESCUE NOW (レスキューナウ)

レスキューナウは有人監視で稼働し、経験と実績に基づいた独自取材による情報を収集するシステムです。災害情報、交通情報、気象情報など5分野28種類あります。

RESCUE NOW (レスキューナウ)

について詳しく見る

FASTALERT(JX通信社)

FASTALERT はSNSを中心とした複数の情報ソースから情報を検知し、AIを用いたビックデータ解析によって最低限のデマやフェイクを取り除いた、情報を素早く配信するシステムです。

FASTALERT(JX通信社)

について詳しく見る

リアルタイム災害情報サービス

(セコムトラストシステムズ)

セコムグループならではの強固なセキュリティを持つ設備で情報収集するため、大きな災害が起きても継続して情報提供できる会社です。独自システムで解析した正確な情報を24時間365日届けます

リアルタイム災害情報サービス
(セコムトラストシステムズ)

について詳しく見る

DR-Info(PASCO)

台風など気象庁からのデータを使用して、6時間先の予測情報を提供する会社です。事前に迂回ルートなどの対策が立てられます。写真や画像データによって現場状況を迅速に把握できるので、被災者に的確な指示が送れます

DR-Info(PASCO)

について詳しく見る

リスクマ(建設技術研究所)

建設コンサルタントを行う会社が提供する、水災害に特化したリスク情報サービスです。リアルタイムで状況確認ができるほか、36時間先の雨量分布予測ができます。リスクをキャッチすると、アラートメールが配信されます。

リスクマ(建設技術研究所)

について詳しく見る

災害ネット(日本ユニシス)

情報を一元化して収集し、自動で時系列にする危機管理システムです。災害時の人的作業をなくし、迅速な情報共有を実現。情報は一覧化や、色分けすることも可能です。蓄積されたデータは防災対策やBCPの見直しに活用できます

災害ネット(日本ユニシス)

について詳しく見る

DMaCS(ドーン)

災害発生時の情報収集や共有などをサポートするサービスです。安否確認や被害状況、避難所の状況などの情報を迅速に収集し、時系列に表示。地図と様々な情報を重ねて、一目でわかる情報とします。避難所や救援物資の管理も可能です。

DMaCS(ドーン)

について詳しく見る

迅速果断(NESI)

錯綜する情報を時系列にして一元管理し、早期の情報共有と意思決定を支援するサービスです。わかりやすいツリー表示や、重要な連絡を見逃さないポップアップ画面での表示機能が備わっています。各所への情報交換も円滑に行えます。

迅速果断(NESI)について詳しく見る

basepage 災害情報共有(KTS)

スマホで撮影した写真や現場情報を電子マップ上で共有できる危機管理システムです。収集された情報は時系列でデータベース化されます。一元化された情報は随時更新・追加され、迅速な判断や対応をサポートします。

basepage 災害情報共有(KTS)

について詳しく見る

Bousaiz(TIS)

インターネットがあれば、スマートフォンなどで、どこでも対応と確認ができるクラウド型の危機管理システムです。収集した情報は一元管理し、時系列で表示されます。任意のグループを指定した配信や情報共有が可能です。

Bousaiz(TIS)
について詳しく見る

eST-aid(エスト)

薬剤師会と共同開発され、医師会や歯科医師会、薬剤師会、自治体が災害時に使うために開発されました。安否や参集情報の収集や、医院や薬局の開閉情報を市民へ公開できます。緊急医療救護所や災害対策本部で使用します

eST-aid(エスト)
について詳しく見る

BCPortal(インフォコム)

災害時の混乱で、必要な情報が集まらない、重要な指示が届かないといった問題を解決でき、危機管理対応や情報共有、コミュニケーションが円滑に行えるシステムです。初動対応から事業継続対応まで、様々な局面で活用できます。

BCPortal(インフォコム)

について詳しく見る

ANPIC(アバンセシステム)

地震や大雨などの災害発生時に、学生や社員の安否確認や、各拠点や事業所の被災状況の確認ができる危機管理システムです。災害に影響されにくい通信で情報収集し、迅速な状況把握を実現。管理者は一元管理された情報を元に迅速に対応できます

ANPIC(アバンセシステム)

について詳しく見る

安否情報確認システム(SBS)

離れた場所に複数の拠点や工場を持つ企業など、様々な組織に対応できるシステムです。一斉配信・アンケート機能で効率よく状況確認できます。グルーピング、アンケート、テンプレートは任意の設定が可能。平常時にも活用できます。

安否情報確認システム(SBS)

について詳しく見る

Apica(神田通信機)

緊急時に社員へ安否確認メールを自動送信し、回答結果を一覧表で共有できるシステムです。災害発生時でもメッセージの遅延が発生しないプッシュ通知での送信が可能。1人で3つのアドレスが登録でき、重複送信は発生しません

Apica(神田通信機)

について詳しく見る

オクレンジャー(パスカル)

スマートフォンやパソコンを使って、迅速に安否確認や緊急連絡が行えるシステムです。専用アプリで直感的に簡単操作できメールの自動送信や情報の自動集計が可能です。平常時の連絡手段としても活用できます。

クレンジャー(パスカル)

について詳しく見る

トヨクモ安否確認サービス
(トヨモク)

気象庁の災害警報と連動して、安否確認メールを自動配信します。回答は新しいものを自動集計。部署ごとの確認や全体把握に活用できます。災害情報を共有できる掲示板や、メンバーを指定できるグループメッセージ機能も備えています。

トヨクモ安否確認サービス
(トヨモク)

について詳しく見る

安否コール
(アドテクニカ)

自動メール配信や安否情報の自動集計など、多数のコミュニケーション機能を搭載。企業の従業員のほか、従業員の家族についても安否確認ができることが特長です。

安否コール
(アドテクニカ)

について詳しく見る

Biz安否確認/一斉通報
(NTTコミュニケーションズ)

通信事業者ならではの堅牢なサービスで、安否情報をスピーディに集計します。また、災害発生時には安否確認がとれるまで最大5回の通知を行うなど、リマインド機能もしっかりと備わっています。

Biz安否確認/一斉通報

(NTTコミュニケーションズ)

について詳しく見る

【PR】製造業向け生産管理システムの
重要性とその選定

現代の製造業において、災害発生時の迅速な対応と事業の持続は非常に重要です。これには、日常的な業務フローの最適化だけでなく、緊急事態におけるリスク管理が求められます。経済産業省を含む各省庁が提示するBCPガイドラインに則った生産管理システムの適用は、このようなリスクを軽減し、製造業の事業継続を支援します。
「生産管理システムnavi」では、製造業特有の要求に応える多様な生産管理システムを紹介しています。このプラットフォームを利用することで、事業継続計画に不可欠なシステムを効果的に選定し、組織の事業継続能力を強化することが可能です。

生産管理システムは、リアルタイムでの生産データのモニタリング、資源の効率的な配分、品質の維持といった機能を提供し、災害時における迅速な意思決定と対応を可能にします。また、「生産管理システムnavi」では、導入事例やユーザーレビューを通じて、各システムの実際の効果と運用のヒントを得ることができます
BCPを考慮した生産管理システムの導入は、企業のリスク管理だけでなく、全体的な生産効率の向上にも寄与し、競争力の強化を図ることができます。是非、この機会に「生産管理システムnavi」を活用し、貴社に最適なソリューションを見つけてください。

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選