初動に差がつく企業向け災害情報システムおすすめ3選-災情Navi » 各省庁のBCPガイドラインとは

各省庁のBCPガイドラインとは

事業継続計画(BCP)は、業種や企業を管轄する省庁それぞれで独自のガイドラインを掲げています。こちらでは、経済産業省、国土交通省、厚生労働省、金融庁それぞれのガイドラインをご紹介しますので、自社の業種を管轄する省庁のガイドラインをチェックしてみましょう。

経済産業省のガイドライン

経済産業省が策定するBCPのガイドラインは、BCPを含む業継続マネジメント(BCM)の必要性や有効性を提示することで、中小企業もみずからBCP策定のための取り組みを始めてほしいという目的もあります

こちらのページでは、経済産業省が提示するBCPガイドラインの目的や検討項目、実際の企業の事例などについてご紹介しています。

経済産業省が策定するBCPの
ガイドラインについて詳しく見る

国土交通省のガイドライン

国土交通省が策定するBCPのガイドラインは、他国に比べて自然災害の多い日本において、公共インフラや社会活動の早期回復を目的としています

こちらのページでは、国土交通省が提示するBCPガイドラインの目的や検討項目、実際の企業の事例などについてご紹介しています。

国土交通省が策定するBCPの
ガイドラインについて詳しく見る

厚生労働省のガイドライン

厚生労働省が策定するBCPのガイドラインは、医療や福祉、介護といった事業を止めることが許されない分野において、以下に事前の準備をし、災害時には素早く再開できるかを目的としています

こちらのページでは、厚生労働省が提示するBCPガイドラインの目的や検討項目、実際の企業の事例などについてご紹介しています。

厚生労働省が策定するBCPの
ガイドラインについて詳しく見る

金融庁のガイドライン 

金融庁が策定するBCPのガイドラインでは、災害時に国民の金融資産や企業への融資などが停滞することで経済活動への影響が懸念されています。そのため、金融業務が停滞しないよう備える目的があります。

こちらのページでは、金融庁が提示するBCPガイドラインの目的や検討項目、実際の企業の事例などについてご紹介しています。

金融庁が策定するBCPの
ガイドラインについて詳しく見る

注目のSNS情報収集に対応した
3つの災害情報システム
企業向けの災害情報共有システムの中でも、より早く、より多く、より正確な情報収集の場として注目を集めている「SNS」。まずは数ある災害情報共有システムの中でも、SNSでの災害情報の収集に対応した3システムを紹介する。
         
【一般企業】
BCP対策
重点を置くなら
Spectee Pro
  • AIで情報を収集・解析し、正確かつ的確な情報を届けることができる。また、専門スタッフが24時間情報を確認しており、情報の正確性を担保している。
  • 地図情報との連携で、細かい位置情報が取得可能。市区町村単位での情報検索、登録している拠点やサプライチェーンの被害状況を把握できる

https://www.youtube.com/watch?v=SMo9F6p03Dw&t=157s

         
【一般企業】
防災対策
重点を置くなら
RESCUE NOW
  • 安否確認サービス、防災訓練支援、危機管理初動体制の構築など、危機管理サービスを同時に提供している
  • 防災対応のコンサルティングから備蓄品の企画販売も手掛けており、防災備蓄や防災カード制作サービスにも強い

https://www.youtube.com/watch?v=hk8shRoIJKk

         
【報道機関】
報道用の
情報収集なら
FASTALERT
  • 収集した情報を自動解析にかけ、そのまま配信しているため、最短1分での情報伝達が可能
  • 様々なジャンルでのリスク収集をしているため配信量が多く、とにかく情報を集めたい報道機関に適している
  • 個人向けのニュースアプリも手掛けている

https://youtu.be/QvNSMDa59ME?si=v97Z_1_F2d751zPJ

※2021年12月20日時点でGoogle検索にて「災害情報共有システム」「災害情報システム」と検索し、システム公式サイトが表示された22商品の中から、「SNSによる災害情報収集」に対応したものを選出。
それぞれのシステムの特徴を基に、目的別の推奨システムを紹介。以下の点で評価をした。
• Spectee Pro:3システムで唯一、情報をAIと専門スタッフの双方が確認の上で発信している正確性の高さ
• RESCUE NOW:3システムで唯一、危機管理サービスを同時に提供している防災サービスの充実度
• FASTALERT:3システムで唯一、最短での情報発信時間を掲載しているスピードの早さ

企業向け災害情報システム3選
企業向け災害情報システム3選